季語/蟇(ひきがえる)を使った俳句

俳句例:101句目~

大蟇に昼寝人皆覚め居たり/西山泊雲

大蟇に晝寐人皆覚め居たり/西山泊雲

みえるために白線を描き蟇/和知喜八

蟇うたふ老杉のみどり垂り/三橋鷹女

身じろかぬことも貫禄蟾蜍/加藤憲曠

跳ぶときの内股しろき蟇/能村登四郎

赤松の根に蟇がをり冬了る/原けんじ

赤き月出て半眼の蟇すわる/横山白虹

誰にひかるこころの糸か蟇/下村槐太

言立ては蝦蟇の膏や花盛り/野村喜舟

背に点字浮かんでをりし蟇/大石雄鬼

田の風のうねりはじめし蟇/橋本榮治

蟇あるく四方八方みな聳え/加藤楸邨

万木に女いだかれ蟇を見る/萩原麦草

蟇おぼえず洩らす胸の鬱/稲垣きくの

蟾蜍長子家去る由もなし/中村草田男

男女蟇の前後を分れ通る/ねじめ正也

草に蟇交むや女中は内股に/寺山修司

籾殻を泪につけて蟇が醒む/金子千侍

蟇忍ぶ石かげの雨昏みせり/臼田亜浪

俳句例:121句目~

干杏煮ゆるや蟇の声湧く夜/堀口星眠

蝦蟇/一つ目覗く葛籠より/高澤良一

蟾蜍跨ぎて僧の居なくなる/柿本多映

後ゆび指されし蟇の歩むなり/樋笠文

真闇には蟇の塊ありて啼く/平井照敏

我庵の朽臼蟇を生みにけり/西山泊雲

草を取る陰へ陰へと蟇/阿部みどり女

菫三つ四つ蟇かと思ひけり/平井照敏

紫陽花に掃き出されし蟇/島村元句集

何食はぬ貌で通せし蟇の恋/藤本輝紫

先住のこれを残しぬ蟇/菅原師竹句集

先住の蟇に敬意を表し住む/饒村楓石

蟇出でて秋を深めし雨の岬/河野南畦

蟾蜍吾の抗老に意を寓す/岩井野風男

円覚寺累代の蟇さぶらへり/筑紫磐井

蟾蜍人生に出遅れしかな/上田五千石

蟇交る一夜あまたの夏柑落つ/中拓夫

神よりもをとこを信ず蟇/稲垣きくの

刃物研ぐ夫のうしろの蟇/大木あまり

刈攻めの桑瘤蟇の鳴く村ぞ/村越化石

俳句例:141句目~

単身の夫へ蟇鳴く夜の電話/川原博美

日輪を呑みたる蟇の動きけり/橋間石

草引くを愚かとや見む蟇/岡本まち子

春の蟇の目をして水を出ず/古館曹人

蟇鳴いて無数の扉あるごとし/高階斐

吾に向き向きを変へざる蟇/右城暮石

啓蟄の蟇や閻王の前に出づ/黒木野雨

啓蟄の蟇鳴き雨も音にいづ/皆吉爽雨

暮るる空前へ前へと蟇歩む/成田千空

虫たべて蟇の山水呆けにけり/上村占

喉袋ふくらみしのみ夜の蟇/奥坂まや

蟇ひそむ磯田天降る光欲し/成田千空

蟇の腹王を呑んだる力かな/幸田露伴

玄関に蟇のきてゐる星祭/大木あまり

朝より暮色の障子蟇鳴ける/山口草堂

掃溜やみゝず掘り居れば蟇/寺田寅彦

茱萸の根に雨ふりしぶく蟇/和知喜八

蟇遠く見つめるものは何/渡辺ハツヱ

松籟の行方は知らず蟇交る/中川宋淵

蟇のこゑ一夜鉄塊より重し/目迫秩父

俳句例:161句目~

蟇鳴くは恋かも雨のけぶる方/石嶌岳

蟇ねむれ変幻の胃の粘膜も/成田千空

森の家の鍵孔さがす蟇の闇/堀口星眠

蟇ぎりぎりのいま怒らねば/橋本榮治

首まげし方へまがりぬ蟇/荒川あつし

穴を出て蟇の一歩に風化仏/西村公鳳

蟇おぼれて掴む何もなし/稲垣きくの

死に到るまで抱擁の蟇の数/堀口星眠

この辺りの者でござると蟇/佐藤和夫

蟇つるみながらに泳ぎけり/岩田由美

風裏に蟇つるみをり比翼塚/巌谷小波

潜む蟇仰ぐ蟇月欠け初むる/秋光道女

長居してふみつぶされな蟇/正岡子規

銀閣寺明りに蟇の交むかな/鈴木鷹夫

連れ犬の怖づおづ嗅げり蟇/徳重怜子

笑うとき咽ふるふると蟇/宇多喜代子

蟇穴を出づるや月の傾ける/佐藤和枝

蟇の腹王を呑んだる力かな/幸田露伴

おもへらく而して蟇以為へらく/龍岡晋

ごはさんでねがひましては蟇/栗林千津

俳句例:181句目~

のどぶくろ放り出したる蟇/小島千架子

ひきがへる打擲のごと月射すも/中田剛

もつさりと目の前にゐし蟇/吉江八千代

一人は醜女興がりぬ蟇猪首/松根東洋城

一燈を蟇に分かちて夜々の稿/中島斌男

交む蟇浮木恃むに足らざりき/北野民夫

人体を蟇とし剛しこそばゆし/永田耕衣

人嫌ひ片目をつむる蟇とゐて/富永小谷

冬の蟇川にはなてば泳ぎけり/飯田蛇笏

叢や蟇かくるゝにあまりある/尾崎迷堂

吹折て蟇のむせびしかやり哉/高井几董

嘘ひとつ言ひし間に蟇うごく/谷口桂子

団扇にて扇ぎて蟇を退けつ/相生垣瓜人

塵捨てに出て蟇見たり冬終る/伊東宏晃

夕暮のつれ~蟇をなぶりけり/尾崎紅葉

天地の在りてけぶれる蟇の恋/柿本多映

子等去つて啓蟄の蟇歩きけり/福田蓼汀

宿直の餉の一塊を蟇に置く/米沢吾亦紅

寒山詩蟇詠じしはなかりけり/尾崎迷堂

山荘の戸口を蟇とゆづりあふ/堀口星眠

タイトルとURLをコピーしました