季語/鶲(ひたき)を使った俳句

俳句例:101句目~

鶲飛んで細枝の影の弾みけり/内藤吐天

尉鶲つかまり立ちの児を囃す/小熊一人

ふくらむで水浴び飛んで尉鶲/石原八束

涸滝を色めきとびし鶲かな/五十嵐播水

鶲来て棘つゆふくむ山椒かな/飯田蛇笏

二羽づれの鶲来てをり粥節句/荒井正隆

冬ざれや鶲あそべる百花園/水原秋桜子

鶲とぶ色となりたる如くかな/星野立子

冷酒に黄鶲のこゑ透りけり/土岐錬太郎

鶲美し太陽を背に飛びうつり/原コウ子

野鶲の水湧くごとく囀れり/山田みづえ

分校や今日も鶲の窓にゐて/小川背泳子

屠蘇つげば頬白鶲つぎつぎに/黒田杏子

鶲来る気配ばかりに終りけり/草野駝王

鶲来て枯木に色をそへにけり/高濱年尾

谷底のやうなベッドや鶲来る/大石雄鬼

枯原や溝よりたちし瑠璃鶲/吉岡禅寺洞

雪に撃つや鶲細枝に翅たれて/飯田蛇笏

黄鶲や朴の広葉に夜雨のこり/大島民郎

黄鶲や葎に入ればびびと鳴る/依光陽子

俳句例:121句目~

紫陽花を鳴らす鶲の時雨かな/渡辺水巴

妻出づるやひたき騒げる冬の庭/原石鼎

一と日籠り鶲一つを見たるのみ/県多須良

冬籠るや鶲は桐に妻は化粧に/島村はじめ

動かねば鶲来しこと誰も知らず/長井伯樹

友来たる鶲の如くさりげなく/千島染太郎

春風やぶつかり合つて飛ぶ鶲/大峯あきら

掌開けば乗らんばかりに鶲来る/右城暮石

鶲きてくれたる父の忌なりけり/細川加賀

鶲けさも火傷の薬売りに来たり/橋石和栲

鶲ゐてくちざみしさの飴を乞ふ/石川桂郎

山茶花や雀かと消え疾き鶲/長谷川零餘子

山しばにおのれとくるふ鶲かな/飯田蛇笏

鶲来てくれたる父の忌なりけり/細川加賀

鶲来てしばらくこゝろ遊びけり/渡辺立男

鶲来て乾す染糸の黄のながれ/能村登四郎

茨の芽野鶲きたりかくれける/水原秋櫻子

居鎮める鶲の羽の撥ねにけり/八木林之介

酢牛蒡に手を出せばまた鶲とぶ/岡井省二

尉鶲来鳴くあしたの風邪ごもり/山谷春潮

俳句例:141句目~

鶲来ぬ波郷生家のみかんの木/鈴木しげを

鶲獲てたかぶる吾子が面はも/軽部烏帽子

鶲獲て鶲のがれて日はゆきぬ/軽部烏帽子

深山木に狩られであそぶ鶲かな/飯田蛇笏

黄鶲に焦土のごとく富士くだる/巌谷小波

大工来てをりて鶲の来てをりぬ/後藤夜半

いしぶみの色より翔ちて鶲かな/榎本好宏

おどろきて鶲は紋をかくしたる/木下里葉

ころがれる榾にとまりて鶲かな/橋本鶏二

喪の庭やせきれいのあと鶲来て/石川桂郎

雪晴れて妃陵へもどる鶲あり/大峯あきら

鶲とんで色ひゞき逃げし枯木かな/原石鼎

忌をふたつすぎたるころの火焚鳥/中田剛

胸の火の残らば燃せと火焚鳥/文挟夫佐恵

尉ひたき枯蔓離すとき大き/長谷川かな女

ひよどりのあと鶲来て三里の灸/長谷川双

枯蔓をもがき抜けたる鶲かな/水原秋櫻子

尉鶲ほのかな老いを置いてゆく/山田みづえ

ひるがへるより木がくれし鶲かな/鈴木花蓑

母帰るや否や鶲が来しといふ/竹下しづの女

俳句例:161句目~

ひるがへり去りし鶲の紋の白/坊城としあつ

はればれと鶲のぼりしこずゑかな/飯田蛇笏

はでやかに羽づくろひせる鶲かな/皿井旭川

そのあとは何も変はらず鶲啼く/藤田あけ烏

黄鶲の富士くれなゐに暁けゆけり/巌谷小波

こぼれ葉のごとく鶲の来てゐたり/吉田丁冬

押せば開く潜り戸鶲来てをりぬ/小野恵美子

いつか来ずなりし鶲に気附きしは/高椋竜生

秘宝キリスト拝み出づれば鶲鳴く/堀口星眠

ひたぶるに鶲はつぶり黒き目を/軽部烏帽子

午後の茶やたがはずに来る尉鶲/福永みち子

凍て虫をくはへとびたる鶲かな/吉岡禅寺洞

瑠璃鶲一姿一声われを招く/ひらきたはじむ

凍つる日や枝折戸ほとり鶲来て/大岳水一路

野鶲や淋しさ黙っていてください/三井絹枝

吾をよぶ吾子は鶲をもろの手に/軽部烏帽子

鶲鳴く松の高さや見えず過ぐ/阿部みどり女

黄鶲に一つのキャンプ夜を待つも/望月たかし

この鶲あらき吾が掌にみぢろがず/軽部烏帽子

鶲来るや母の手に子のとどまらず/橋本多佳子

俳句例:181句目~

鶲来る昨日より今朝また冷えて/長谷川真砂人

かへりみて驚く坂やひたき鳴く/阿部みどり女

鶲来て木の実はむペンのすゝみやう/渡辺水巴

鶲がとばないかと菜虫とりの眼をあげる/吉岡禅寺洞

鶲がとんでいつたいのちの灯をともして/吉岡禅寺洞

るり鶲とわかつてそれからのるりいろの日暮/吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました