季語/茸(きのこ)を使った俳句

俳句例:101句目~

猿茸ここを墳墓として久し/村越化石

猿茸二斗飲むたより年の豆/巌谷小波

生木踏み昼から暗き菌山/鷲谷七菜子

疲れゐて雨の紅茸傘で刺す/加藤秋邨

白露の百歩に茸を拾ひけり/高井几董

空腹を耐へし日のあり茸汁/南部紀江

或る雨の猿の腰掛早乙女に/攝津幸彦

箒茸ほうきの先を指に乗せ/高澤良一

紅き茸礼讃しては蹴る女/八木三日女

さびしさや菌のかさの窪たまり/道彦

紅茸へ小人の梯子絵本かな/嶋田麻紀

紅茸や人格までを変えて病む/菅章江

聞き馴れし声やり過ごす菌山/池田崇

脳軟化して月夜茸揃ふかな/柿本多映

茸どき宿より出せる宅急便/高澤良一

どた靴で踏めば破けて埃茸/高澤良一

茸にほへばつつましき故郷あり/龍太

茸の縄こゝまで奥は只の山/山田眉山

茸を追ひ且つは山も見る/相生垣瓜人

茸壷を一人知りたる翁かな/守屋青楓

俳句例:121句目~

茸山に馬頭観音ひそとして/白石時子

茸山の昼餉始まり一人欠く/横山房子

茸山の浅き山にて満ち足れり/波津女

茸山の真の深みにはまりをり/斎藤玄

ゆく年の水ひびきゐる猿茸/飯田龍太

茸山の蛾のほろほろと月の前/上村占

茸山の裾に待ち居し俥かな/野村泊月

茸山の頂上に水置かれたり/右城暮石

茸山へかつぎ登りし水一荷/井谷三叉

茸山やむしろの間の山帰来/高浜虚子

茸山去年も崩れてをりし径/稲田壺青

一枚の筵に干せる茸いろ~/岡安迷子

一睡のあとに分け入る茸山/嶋田麻紀

上を見ぬ目にも欲あり菌狩/横井也有

上段の間に落ちつかぬ茸飯/八木北斗

茸山飯食はんとす海見ゆる/鳥居木象

二の山へけふの案内や菌狩/前川素泉

茸汁や西洋になき貝杓子/真下喜太郎

人をとる茸はたしてうつくしき/一茶

今日までの昼は明るし煙茸/池田澄子

俳句例:141句目~

茸汁をんなに別の貌ありぬ/村上高悦

茸番に今宵まかりぬ老の父/石塚友二

茸籠まで尋ね来て用ありと/丸山綱女

鍋物はおらが在所の茸攻め/高澤良一

茸縄の張られて山に掟出来/白鳥香飯

茸踏みしにほひの中の石仏/桂樟蹊子

茸飯や兄弟の日はあらねども/齋藤玄

茸飯白雲低くよぎりけり/蓬田紀枝子

荒瀬うつ崖の上なる天狗茸/杉本文彦

菌山そのまゝ人の沈みけり/萩原麦草

菌生えみくまのあたり雲厚し/岸田稚

萱茸の厚さの涼や囲炉裏酒/石川桂郎

落木の茸も四散してゐたり/高澤良一

坊の子の鶏と遊べる干菌/米澤吾亦紅

踏みつけて弾力ありし毒菌/右城暮石

大いなる二つの釜の茸飯/五十嵐播水

大いなる籠の古びや茸莚/楠目橙黄子

踏迷ひしが獲物ある菌山/石島雉子郎

道かはす人の背籠や茸にほふ/秋櫻子

天狗茸蹴とばし体罰賛成派/川村紫陽

俳句例:161句目~

妖精のブローチ雨の月夜茸/斉藤淑子

遠野人灯を低くして茸売る/皆川盤水

季なしの茸を炒め敗戦日/鳥居美智子

郵便夫石仏にあひ茸に遇ひ/宮島昭質

客ひとり塩づけ茸の目貼り宿/及川貞

院の庭へ出て獲物なし菌狩/鈴木花蓑

宮殿の森の大きな茸かな/山崎ひさを

雑茸の笊を厨に置きたりし/伊藤敬子

霧積のともしび暗し月夜茸/堀口星眠

風の音にくさる菌や秋の霜/渡辺水巴

山寺に僅かな茸干してあり/高原一子

食へぬ茸光り獣の道せまし/西東三鬼

食堂はセルフサービス茸飯/田村睦村

飲食の四五人見えて茸山/文挟夫佐恵

岩茸とる滴りしげき命綱/加藤知世子

鴉はや唖々とゐるなリ菌狩/芝不器男

齢深みたりいろいろの茸かな/森澄雄

きのこ干す寺の廂や小六月/田中冬二

きのこ飯家兄の獲たる鹿茸を/瀧春一

唐櫃の北山戻るきのこかな/黒柳召波

俳句例:181句目~

巡りあふ茸採も径迷ひをり/伊与幽峰

月光に毒を貯へ毒きのこ/遠藤若狭男

林中にきのこ採取の頬被り/関森勝夫

いきいきと水の出てゆく茸山/柿本多映

うすけむり立つるとき佳し茸山/澁谷道

うづたかく菌集せある径かな/高橋馬相

紅茸は木の葉に消えず山時雨/飯田龍太

笑茸隠れて口にしてみむか/星野麦丘人

干菌山の日和に反りかへる/水原秋櫻子

樹海より湧く霧青し月夜茸/木下ふみ子

茸焼くやときどき風の裏木立/草間時彦

燈台守今は住むなしましら茸/澤田緑生

茸生ふ山の秘密の少し見ゆ/八牧美喜子

茸生ふ樹々の反照ふかまりぬ/山口草堂

茸縄の張られてあるも一部分/稲畑汀子

けもの居る気配の霧に月夜茸/沼澤石次

茸筵この傾きを良しとする/波多野爽波

こしかけて山びこのゐし猿茸/飯田蛇笏

茸籠に妻は一枚歯朶そへて/砂井斗志男

茸籠に敷く歯朶青き京を発つ/中村汀女

タイトルとURLをコピーしました