季語/旧正月(きゅうしょうがつ)を使った俳句

「旧正月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「旧正月」について

【表記】旧正月

【読み方】きゅうしょうがつ

【ローマ字読み】kyushogatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・旧正(きゅうしょう:kyusho)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

旧正月を含む俳句例

旧正の草の庵の女客/高浜虚子

旧正の糊桶匂ふ大経師/佐野美智

旧正の〆新しき宮地蔵/河上睦女

瀬音せり旧正やすむ楮釜/有働亨

鉄砲火薬店旧正の客一人/浦野芳南

街路樹に旧正月の鸚鵡館/飯田蛇笏

粧ひして旧正月の山女/楠目橙黄子

田の雪に煤と柑皮と旧正月/飴山實

旧正や三河も果の花祭/志摩芳次郎

黒潮は旧正荒れや卓球す/宮武寒々

旧正の繭玉残しありし庵/高濱年尾

旧正のミナト神戸に小買物/橋本博

旧正や藁沓も吊り小商ひ/小国三平

旧正や杣は渋紙色に老ゆ/赤座閑山

旧正の門の内なる野菜畑/吉田槻水

馬の眼に旧正月の泪かな/佐川広治

麦踏むや旧正月の近き村/大谷句佛

旧正や因幡にのこる藁の竜/大島民郎

旧正を今もまもりて浦人等/高濱年尾

旧正の客来て灯す仏の灯/信坂正三郎

俳句例:21句目~

旧正や旅をうながす南の星/大野林火

旧正の歩危の山畑人を見ず/野中木立

隣りより旧正月の餅くれぬ/石橋秀野

魚高値旧正月と知らされし/広岡佑子

鯖漁に旧正月もなく対馬/小原菁々子

旧正の雪を加ふる山ばかり/大峯あきら

旧正の雪積んで谷あらたまる/宮津昭彦

旧正の髯を振り振り鯉寄り来/高澤良一

旧正やたくはへし葱納屋にあり/上村占

旧正の吉書のれんや華僑街/下村ひろし

旧正や凧のあがれる藺田の上/岸風三樓

旧正や加賀の妓のこころざし/宮武寒々

旧正や皺うつくしき草木染め/鷹羽狩行

星港陥つ旧正の花鋪灯に溺る/宮武寒々

海猫のほか旧正の湾になし/徳永山冬子

潜水夫旧正の温泉に占戯せる/宮武寒々

猪焼いて旧正の島けぶらする/小熊一人

蔵の戸に旧正月の日ざしかな/池田秀水

道ばたに旧正月の人立てる/中村草田男

ふるさとや旧正月の雪籠り/名和三幹竹

俳句例:41句目~

墓山に旧正月の日のさして/岸本長一郎

旧正のはつかに挙がる沖つ波/高澤良一

旧正の山又山でありにけり/大峯あきら

旧正の母子のしたる花かざし/遠藤梧逸

旧正にふくらむ神戸なりしかな/稲畑汀子

旧正の縁の日なたに老ふたり/長谷川素逝

大根汁かへて旧正あたゝかし/佐野青陽人

吹いてばかり旧正月の土枯れし/臼田亜浪

密やかに旧正月も来て去れり/相生垣瓜人

ひもろぎや旧正月のかけ大根/吉岡禅寺洞

道そぞろ旧正の紀に遊びつつ/阿波野青畝

しんと射す日や旧正の奥座敷/鷲谷七菜子

旧正の手荷物に山羊離島船/伊舎堂根自子

海苔干して旧正月の浦曲かな/大橋櫻坡子

旧正の妻の手を借りぎっくり腰/高澤良一

旧正のおきどめ日まち日も好日/長谷川素逝

海女は温泉に岬旧正の日を置けり/宮武寒々

旧正や日がさして来て山身近/久保田万太郎

牡蛎打ってをり旧正の髪のまゝ/高月ポプラ

旧正のはらから泊むる灯を更かし/長谷川素逝

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ