季語/三日(みっか)を使った俳句

「三日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「三日」について

【表記】三日

【読み方】みっか

【ローマ字読み】mikka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・猪日(ちょじつ:chojitsu)

季節による分類

・「み」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

三日を含む俳句例

白少し透きし三日の鏡餅/森澄雄

飲食の強火弱火と三日かな/林佑子

つけて消す口紅山形に三日/渋谷道

山牛蒡鶲も二日三日かな/加藤楸邨

拝所に海を敬ふ三日かな/本多静江

鉦太鼓谺し三日の山部落/福田蓼汀

花札の松に三日の刻狂ふ/嶋田麻紀

思はざる雪の三日の墓詣/伊達大門

寂寞の眉整ふる三日かな/向笠和子

癌の妻深き息継ぎ三日越ゆ/斎藤玄

高階の三日の松に水を遣る/寺井谷子

雪飛びて三日の酒の了りけり/齋藤玄

焚火跡ありて三日の杣の道/中森皎月

雪靴に常の勤めの三日かな/相馬遷子

三日はや達治を偲ぶ煙霞癖/石原八束

正月や三日過ぐれば人古し/高桑闌更

雪の寺正月三日の高野豆腐/中山純子

門の歯朶三日の土に落ちてあり/松浜

三日きざむ南の国の蕗の薹/小池文子

西行庵雪が浄めし三日なり/福永耕二

俳句例:21句目~

太平の酔や覚めさる事三日/尾崎紅葉

三日の雪払ひて高山陣屋前/高澤良一

籠居や三日のうちに思ふ貌/石川桂郎

流れ藻を拾ひ三日の浜遊び/太田土男

空港に流す琴の音三日かな/直野秀子

神官の妻の眉濃き三日かな/寺井谷子

刀匠の火の彩美しき三日かな/石原子

十姉妹の籠を日向に三日かな/高澤良一

夕暮れて髭剃つてゐる三日かな/淵脇護

お降の雪となりゐし三日かな/高浜年尾

酒少し剰し三日も過ぎてけり/石塚友二

母のもの仰山干して三日かな/山尾玉藻

洗ひ場に水走り込む三日かな/高澤良一

独り身や三日の朝の小買物/高橋淡路女

よく晴れて三日の坐り机かな/黒田杏子

パンジーを跨ぎ三日の郵便夫/山尾玉藻

石舞台めぐる三日の畦匂ふ/古賀まり子

万屋が三尺開けて三日かな/伊東辰之丞

筑波山三日の雲をぽんと置き/高澤良一

屋根屋根の残雪若き三日かな/林原耒井

俳句例:41句目~

三日の灯入りて男宮の常夜燈/高澤良一

船厨に海たひらかな三日過ぐ/友岡子郷

蓬莱に名刺きたなき三日かな/寺田寅彦

蕗味噌になじみて三日輪島箸/中西舗土

貧しさよ三日の雪も暮れかかる/三谷昭

遠州の風出遅れし三日かな/本多千恵子

三日はや小童が足袋破れ初む/石塚友二

鵙が鳴く三日埓なく夕まけて/石塚友二

三日はや新聞怒ること多し/岡部六弥太

三日はや暁闇洩るる杜氏の唄/小坂灯村

黒猫の眼が畑にをる三日かな/村上鬼城

三日はや礼深くして炭売りぬ/菖蒲あや

三日はや釘箱さがす月あかり/中山純子

三日はや鶏の蹴散らす晒し藁/平子公一

三日はや鷹匠の目に戻りけり/宮坂静生

三日酔ふ月日も越も遥かにて/小池文子

二日より三日の客の多かりし/芦川巣洲

紅ささぬ母娘に三日過ぎにけり/館岡沙緻

あたたかし三日の森の弱音鵙/星野麦丘人

橋に見る夕陽の比枝も三日かな/宮武寒々

俳句例:61句目~

はや不和の三日の土を耕せる/鈴木六林男

川床の藻のたゆたひも三日経て/高澤良一

窯主がまけて三日の湯呑みの値/高澤良一

誰も来ぬ三日や墨を磨り遊ぶ/殿村菟絲子

男また眠つてしまふ三日かな/夏井いつき

三日はやあつけらかんの鴉かな/花畑圭郎

三日晴れ日輪海の空をわたる/水原秋櫻子

三日はやカレーの匂ふ白き家/西村倭文子

何となく三日もすぎし膝小僧/野本ナヲ子

三日はや四手かゝれり滑川/久保田万太郎

今生れて髪濡れゐたる三日かな/都筑智子

木の股に生まれし雪も三日かな/堀米秋良

寺の子に従妹来てゐる三日かな/安部和子

山茱萸の道も三日を経にけるや/田中裕明

人を待つことも楽しき三日かな/田伏幸一

湯の町の明けて三日の川床鳴る/高澤良一

故郷去る三日の暮雪ちらつく中/田中鬼骨

夕桜焚き継ぐ三日の火色美し/文挟夫佐恵

和服着て炭を切りゐる三日かな/黒川白舟

歯朶反りし神へ三日の灯を捧ぐ/須田蘇風

俳句例:81句目~

雪空となりし三日の夫婦客/久保田万太郎

三日はや船つくりゐる潮青し/山田麗眺子

三日はや木綿のような風と居る/野木桃花

鶏鳴のすこし嗄れたる三日かな/水谷静眉

三日はや峡のこだまは炭曳くこゑ/加藤楸邨

川せみも山せみも来し三日かな/大峯あきら

又もとの二人となりて三日果つ/加藤あき江

元日二日ことに三日の日和かな/高橋淡路女

産声を男の子とききし三日かな/上田日差子

腰あげて三日の鴨を見にゆくか/鈴木しげを

舞ふ雪のこの白さもて三日かな/鞠絵由布子

九年母や三日の座禅会終りたる/善積ひろし

遊び田のうすらひつつく三日かな/高澤良一

三日の客羽衣舞うて失せにけり/文挟夫佐恵

さよりの子泳ぐ三日の船だまり/山内美津男

三日はや麦踏む人のあるはあり/長谷川素逝

ばら色に三日は暮れて不漁なり/柴田白葉女

ふだん着で通し三日も過ぎにけり/高澤良一

三日はや混みあつてゐる鬼籍かな/川崎陽子

針折れてふつとさみしき三日かな/川端豊子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ