季語/春雨(はるさめ)を使った俳句

「春雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春雨」について

【表記】春雨

【読み方】はるさめ

【ローマ字読み】harusame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春雨(春の雨:はるのあめ)

・harunoame(:春雨傘)

・はるさめがさ(harusamegasa:)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春雨を含む俳句例

梟も面癖直せ春の雨/一茶

片方は雪の降也春の雨/一茶

藪尻の賽銭箱や春の雨/一茶

春雨や鴬這入る石灯籠/杉風

春雨に大欠する美人哉/一茶

幸に柳も寝るや春の雨/吾仲

春雨の檜にまじる翌檜/龍太

春雨や魚追迯す浦の犬/一茶

膳先に雀なく也春の雨/一茶

鳩の恋烏の恋や春の雨/一茶

春雨や簑の下なる恋衣/几董

春雨や枕くづるゝ謡ひ本/支考

春雨やいざよふ月の海半/蕪村

春の雨烏の足に泡のつく/素檗

春雨や音滋き中今我あり/虚子

春雨や桐の芽作る伐木口/本好

春雨や障子を破る猫の顔/十丈

草山のくり~はれし春雨/一茶

穴蔵の中で物いふ春の雨/一茶

物かげに雉の光や春の雨/涼袋

俳句例:21句目~

春雨や藪に吹るゝ捨手紙/一茶

春雨や窓から直ぎる芝肴/一茶

傘さして箱根越也春の雨/一茶

春雨や塩屋塩屋の煙出し/鬼城

椽広く簷の春雨簾なす/久米正雄

春の雨昼間線のなき旅籠/上村占

春雨や明けがた近き子守唄/犀星

千本に肴屋多し春の雨/西山泊雲

春雨や投扇興の鈴の音/羅蘇山人

裁売の来ぬを恨みや春の雨/几菫

うたゝねに使三度や春の雨/几菫

春雨や少し濁りし筧水/高野素十

蓴生ふ池のみかさや春の雨/蕪村

春雨や切口にほふ楢櫟/向山隆峰

女恋う自嘲悔恨春雨急/土師清二

春雨や小磯の小貝ぬゝほど/蕪村

敷石に遺す春雨の軌あと/有働亨

聴法の暗き戻や春の雨/会津八一

春雨の中におぼろの清水哉/蕪村

築山に傘現れし春の雨/野村泊月

俳句例:41句目~

滝口に燈を呼ぶ聲や春の雨/蕪村

春雨の晴口見ゆれ澪標/増田龍雨

物弱き草の座どりや春の雨/荊口

琴作る桐の香や春の雨/夏目漱石

枯草の中に賑ふ春の雨/室生犀星

春雨に木辻泊りの夕哉/松瀬青々

春の雨瓦の布目ぬらし去る/綾子

旅人に遺る壁画や春の雨/有働亨

春雨や籬の上の京の町/野村泊月

春雨の積木豪華な家作り/上野泰

病院を出る老人や春の雨/岸田稚

春雨の花の上降り細さかな/篠原

一ッ舟に馬も乗けり春の雨/一茶

春雨の衣桁に重し恋衣/高浜虚子

春雨や京は町並琴の声/藤野古白

春雨に重き簑笠北陸線/沢木欣一

此庭の二重籬や春の雨/野村泊月

春雨や鏡に向ふ昼旅籠/井上井月

敷砂に蜆の殻や春の雨/野村泊月

やぶ入や親なき里の春の雨/李由

俳句例:61句目~

春雨や窓も一人に一ッづゝ/一茶

海はれて春雨けぶる林かな/白雄

傘さして引舟通春の雨/子規句集

柴漬の沈みもやらで春の雨/蕪村

万葉の恋の碑春の雨/吉田喜美子

庵崎や古きゆふべを春の雨/一茶

春雨や菜飯を好む女達/井上井月

春の雨段丘海に向ひたり/横光利一

不精さや掻き起されし春の雨/芭蕉

きのふ寝しさが山見へて春雨/一茶

ほうろくをかぶつて行や春雨/一茶

春雨や土の笑ひも野に余り/千代尼

タンカーも鳥も寝姿春の雨/渋谷道

春雨や大利根上る川蒸汽/川端龍子

春雨や庭より運ぶ赤き膳/田中冬二

春雨や心のまゝのひじ枕/井上井月

春の雨女の足が目の前を/右城暮石

春雨や心得顔の太郎冠者/子規句集

春雨や昼食堂の蓄音機/楠目橙黄子

手習本春雨けむる山里と/田中冬二

俳句例:81句目~

もえしさる草何々ぞ春の雨/千代尼

春雨や森の草木のけぶりたつ/蝶夢

春の雨会津木綿の匂ふ町/大津希水

春雨を思ひ出にして別哉/井上井月

春の雨三味線かゝる柱哉/松瀬青々

春雨や檻に寝ねたる大狸/正岡子規

春雨や浜名の蓋の雲林院/立花北枝

春雨や磯の纜いくまたぎ/西山泊雲

つくばひや灯の数尽す春の雨/忍月

春霖の闇へ大きく道曲る/栗田直美

日のあしを洗ふて伸せ春の雨/斗文

春雨や猶袖ぬらす山家集/中村史邦

春雨にぬれて岩が根瀞に入る/篠原

春雨に似気なき雷の響哉/高井几董

掌をかへして春の雨となる/日原傳

春雨や田蓑のしまの鯲売/中村史邦

春雨や畑に人の匂ひして/矢吹一幸

遊船の春雨雫いちどきに/高木晴子

春雨や白々けぶる堰の水/西山泊雲

しん~としんらん松の春の雨/一茶

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ