季語/鶫(つぐみ)を使った俳句

「鶫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶫」について

【表記】鶫

【読み方】つぐみ

【ローマ字読み】tsugumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鳥馬(ちょうま:choma)

・白腹(しろはら:shirohara)

・八丈鶫(はちじょうつぐみ:hachijotsugumi)

季節による分類

・「つ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

鶫を含む俳句例

炉塞や鶫の脂舌頭に/野村喜舟

塵取と箒の間を鶫かな/日原傳

翻へる鶫の群の腹白し/本多勝彦

十月や鶫炙ればこの脂/野村喜舟

月明の森に奥あり虎鶫/愛澤豊嗣

落石の音のあと曳く虎鶫/原柯城

寝袋に瞠きて聴く虎鶫/岡田貞峰

虎鶫累代の闇裏戸より/木村蕪城

黒鶫雨に榛名を見失ふ/毛塚静枝

鶴日誌畦に鶫の来しことも/大串章

黒鶫山郷はまた雲の郷/市村究一郎

山雨また富士を隠せり黒鶫/樋笠文

鶫罠落栗拾ふことありぬ/中尾白雨

雪どけ鶫呼ぶさヘ口吃る/萩原麦草

虎鶫夏行疲れの尼も寝て/山田孝子

逆落す鶫の群や霧の穴/水原秋櫻子

虎鶫鳴けり月光霧に満つ/吉川春藻

湧くごとく鶫飛び立つ大旦/森玲子

教室の教師鶫の空を見る/廣瀬直人

焼鶫仰天の目を瞠りたる/橋本鶏二

俳句例:21句目~

日のさせばもどる鶫や蕪引/金子潮

砂取節うたへば応ふ磯鶫/沢木欣一

杉燦と鶫の群れも寺の空/和知喜八

枯芝や庭の小椅子に黒鶫/三好達治

鶫旅立つ朧月夜の朧の躯/金子皆子

初薬師参道匂ふ焼つぐみ/津和大樹

鶫来る窓炊ぐ音きざむ音/丸山海道

虎鶫練羊羹を糸で切る/北中富士子

鶫罠みて来し兄の口笛か/中尾白雨

吾も越す霧の國境群鶫/石田あき子

鶫罠見て来し兄の口笛か/中尾白雨

大冨士の闇のふるへる虎鶫/神田岩

青霧をさすらふ声の虎鶫/渡邊千枝子

つぐみこそ悦べはらや立けらし/貞徳

青すぎる空が不安や鶫網/大木あまり

雪はげし鶫がくだる葡萄棚/石原舟月

雀躍といふべき仕草鶫にも/茨木和生

砂取り節うたへば応ふ磯鶫/沢木欣一

人の顔俄かにさむし鶫とぶ/右城暮石

今朝秋や飲食のあと口つぐみ/岸田稚

俳句例:41句目~

低く来て初日帯びける鶫の羽/究一郎

兄弟や祖父にならひし鶫罠/中尾白雨

田を走る鶫に万の霜ばしら/加藤草杖

虎鶫闇の吸わるる土の冷え/目黒十一

口中に鶫の一肢ひびくなり/清水径子

四五十羽山わをめぐる鶫かな/中勘助

甲斐駒の月まだ稚し虎鶫/中村多阿子

虎鶫眠りの国の霧らひつつ/堀口星眠

星暗しかの世のこゑの虎鶫/西村椰子

森番に飼はれ夜を鳴く虎鶫/堀口星眠

楡の木へ鶫一塊落ちにけり/栗田直美

耳聰き墓もあるべし鶫鳴く/飯田龍太

画眉鳥は虎鶫なり漢ら囲む/金子皆子

渡りつぐ鶫ひたすら樺の空/浦野芳南

虎鶫大き家守る御師の妻/白岩てい子

春浅き芝にこぼれて鶫かな/太田鴻村

鶫来て赤腹が来て酒うまし/成井惠子

山茶花やつぐみ苔はぐ寺の庭/中勘助

鶫焼き夜風荒るるに任せたり/大串章

草餅や鶫歩いてゆきしのみ/岸本尚毅

俳句例:61句目~

鶫罠畑の岩にも餌をすこし/飯田蛇笏

峡の門に夜の湖ひかり虎鶫/水内鬼灯

山小屋の一燈のこり虎鶫/新海りつ子

鶫鍋とりし自在のはね上る/森田愛子

鶫鳴き広谷雪を照りかへす/木村蕪城

鶫鳴き秋風岬を吹き通る/神尾久美子

虎つぐみ滅びの歌を枕辺に/堀口星眠

黒つぐみ朱走る朝の白馬岳/野垣/慶

黒耀の鶫ひそめり谷卯つ木/堀口星眠

捕鳥場へ瓔珞落ちの鶫かな/松藤夏山

黒鶫講中着きし棟に鳴く/岡本まち子

雪の上に鶫の死あり涅槃西風/堀口星眠

雪山の旭にひとざとの鶫かな/松村蒼石

鶫まだ人に素直に飛びにけり/右城暮石

もういない鶫私もいない朧夜/金子皆子

わたもちの鶫燻すべて山の講/飯田蛇笏

わびしさか戸板かへせば焼き鶫/竹中宏

人の顔の俄かにさむし鶫とぶ/右城暮石

鶫死して翅拡ぐるに任せたり/山口誓子

冬萌やこゑなき鶫田にまぎる/石川桂郎

俳句例:81句目~

鶫焼くひるげに寄りて皆ねむし/瀧春一

鶫網かけある英彦の麓かな/前田まさを

大鶫ふところの毬の中るべし/安井浩司

山の平らに影すつて消ゆ群鶫/松村蒼石

木守柿の朱を散らしゐる虎鶫/石原八束

炎天や口をつぐみし石地蔵/成瀬桜桃子

畝かげを鶫のあるく雪間かな/石原舟月

碧落に見えて鶫の群なるべし/岡本圭岳

虎鶫間のある声と覚めてをり/石川桂郎

穂芒に鶫と見しが沈みけり/篠田悌二郎

羽の国の笛をあつめて虎鶫/荻原都美子

虎鶫啼き過ぐ峡の梅雨くらく/山谷春潮

黒鶫いちにち湖をみて過ごす/井上閑子

袋よりとり出してみな鶫かな/来田花壺

降りそびれたる夜雲なり虎鶫/太田蓁樹

おくれくる鶫のこゑも別れかな/石田波郷

袂より鶫とりだす鳥屋師かな/大橋櫻坡子

虎つぐみ往ねよと青き夜明くる/堀口星眠

鶫引く外出のにちにち行脚に似/原ふじ広

罠のへにたちどまりたる鶫かな/飯田蛇笏

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ