季語/炉(ろ)を使った俳句

俳句例:201句目~

懐石の炉に六月の天城かな/山口都茂女

我れ一人去る炉框の帽握り/遠入たつみ

戸襖に炉火てらてらと梅の宿/木村蕪城

炉がなくて炉話亡ぶ夜の雪/八牧美喜子

壮んなりし歳月遠し炉火赤し/近藤一鴻

塵焼炉火中を通るぎすの声/百合山羽公

炉にもどり岳の饗宴胸を占む/大島民郎

手炉膝に宿の昔を語らるる/今井つる女

塵一つ許さぬ炉辺の和尚かな/森永杉洞

炉によつて連山あかし橇の酔/飯田蛇笏

炉の兄に声尖らして畚を置く/清原枴童

持寄りしもの炉話もその一つ/後藤夜半

炉に近く行商の荷を解きにけり/森花恵

炉辺の情我が子の如き娘あり/鈴木花蓑

掛乞に炉火燃えてあり山は雪/島田青峰

炉話にちちと起きゐる囮かな/皆吉爽雨

炉埃のつきころげくる箒かな/橋本鶏二

斧の刃にうつる地炉の火松飾る/早崎明

園丁の炉火を確め勤務終ふ/河村良太郎

天に近く短夜の炉を焚く一人/斎藤空華

俳句例:221句目~

爬虫類地に山炉の火はごうと/栗生純夫

炉明りに馬の顔あり電話借る/木村蕪城

炉話の鼻をこそぐる嚏かな/阿波野青畝

炉箒の小幅な動き語尾篤し/平井さち子

宣戦やよろこび泣ける炉辺翁/河野静雲

炉に近く猿を舞はすや家の内/小杉余子

炉煙のはひのぼりゐる襖かな/橋本鶏二

君と我炉に手をかへすしかなかれ/其角

古暦少しくこげて炉辺にあり/清原枴童

同門や炉火にこがせる肉の端/石川桂郎

炉火赤し犬わが膝に顎をのせ/福田蓼汀

山大炉逢魔ケ時を燃えにけり/清原枴童

山宿は膝みな立てて炉の早き/桂樟蹊子

炉明りに山の詩濡るる飾り皿/堀口星眠

各戸一炉出水に映る灯もありて/堀葦男

宮殿炉なり女御更衣も猫の声/山口素堂

炉の僧の立たれて猫を従へる/大野佳子

山青く晩涼の炉の燃えにけり/福田蓼汀

梅さかばおもへ炉に手を交へしを/成美

炉火育つ心貧しきときさらに/松尾緑富

俳句例:241句目~

炉辺たのし夜食のものを朴の葉に/爽雨

梅見舟涼炉煽りて散る火かな/野村喜舟

炉火美しく上蔟の夜に入るも/平畑静塔

炉話の間抜けな鬼に終りけり/太田土男

楮の節拾ふ膝炉を襤褸くるみ/西本一都

極道の祖父に炉話とびにけり/茨木和生

炉火箸の長きに香を埋めけり/後藤夜半

炉火立てゝ比良八講の土百姓/古舘曹人

樺太の話をきくも炉辺にして/高木晴子

岳人の寝息さだまる炉火太し/岡田貞峰

炉話の聖すめろぎみな流人/上田五千石

炉火燃ゆるうへをながるる鹿の声/鶏二

炉火明り夫婦抱き寝の一と呎/沢木欣一

炉火欲しや暗き嬶座の柱負ふ/石川桂郎

叱られてゐる猫ゆゑに炉辺をかし/汀女

母子草咲く登呂人の炉址かも/岡田貞峰

炉火守の遠き雪崩に目覚めをり/辰之助

炉火囲み転落したる大地主/小原菁々子

大炉燃えて山中の家城の如し/清原枴童

炉火を焚き継ぐ痩身も三代目/今瀬剛一

俳句例:261句目~

炉に焼きてけぶりを握る紅葉かな/蕪村

沸々と炉中の音や夜半の冬/大須賀乙字

泊りたる祖谷の八十八夜の炉/藤岡あき

炉にあれば腹にこたへぬ鰤起し/森澄雄

炉の母に年移りゆく榾をつぐ/倉田紘文

初鶏や庫裡の大炉の火明りに/臼田亞浪

餅花に宿坊の炉のけむり絶ゆ/飯田蛇笏

駅の炉に苦力の銭を見て数ふ/桂樟蹊子

鬼の豆食ふ夜真赤に癩の炉火/村越化石

白陀亡し炉煙りもなし白木槿/青木重行

物種を入れたる瓢炉辺にあり/高浜虚子

炉が燃えて代々馬も一つ屋根/近藤一鴻

鴨撃つて喜ばるるは薪を炉に/石川桂郎

ひと死して小説了る炉の胡桃/橋本多佳子

ふるさとの雪に我ある大炉かな/飯田蛇笏

やまびとの大炉ひかへぬ花の月/飯田蛇笏

一尾の山女を獲たる炉火おこす/木村蕪城

二つ炉の上炉火を入れ客迎ふ/八牧美喜子

亥の子餅炉の間の広き飛騨の家/古田/清

人のみな帰りしあとの炉火明り/佐野美智

俳句例:281句目~

侘に絶て一炉の散茶気味ふかし/榎本其角

山を売る煙草火を炉に深く挿し/小林波禮

冬に入る炉につみ焚くや古草鞋/飯田蛇笏

分け入りて炉話を聞く子供かな/鈴木花蓑

午の鶏きこゆ炉辺に師弟あり/柴田白葉女

囲むには充たねど男炉に睦ぶ/望月たかし

囲炉裡火や雪の牡丹に客ありて/谷嶋澪子

堂守の穀雨に焚ける炉のほとり/黒田杏子

夜鷹鳴き炉に香りたつ朴葉味噌/松本幹雄

大き炉に応への言葉煮つめをり/吉野義子

大土間に日がな炉火焚く酢茎宿/中田余瓶

夾竹桃挿して炉の釜たぎるなり/松村蒼石

如月の凭る手炉ぬくき旅泊かな/飯田蛇笏

宿院の世に古る炉辺の飾りかな/飯田蛇笏

寺の炉の夜話に避寒の客のあり/喜谷六花

小鳥来る嘉門次小屋の炉辺かな/西本一都

山の炉に独りの酒をあたゝむる/岡安迷子

山住みの五平/炉話でかいこと/加藤耕子

巣燕を誰もゐぬ炉の火が照らす/西村公鳳

干網に炉火が透けゐて祝ひごと/木村蕪城

タイトルとURLをコピーしました