季語/追儺(ついな)を使った俳句

「追儺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「追儺」について

【表記】追儺

【読み方】ついな

【ローマ字読み】tsuina

子季語・関連季語・傍題・類語など

・なやらい(なやらい:nayarai)

・鬼やらい(おにやらい:oniyarai)

季節による分類

・「つ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

追儺を含む俳句例

高張に続くお練や節分会/林尚子

赤鬼は日本の鬼鬼やらひ/石田波郷

色町に隣る寺町鬼やらひ/松根久雄

裃の下は洋服鬼やらふ/杉山三知子

狭間なす古き柱や鬼やらふ/齋藤玄

追儺会の昼酒に酔ふ年男/水原春郎

西天に昏む茜や鬼やらふ/相馬遷子

一筋の深雪の径の追儺寺/梧桐青吾

山国の闇恐ろしき追儺かな/原石鼎

追儺寺骨董市も加はりて/妻藤玲子

星はみな東を嫌ひ鬼やらひ/中拓夫

転読の僧の気合や節分会/斎藤朗笛

塀隣竜光院の鬼やらひ/大場白水郎

追儺鬼逃れし方へ山動く/岩崎憲二

献灯の一つ点らず節分会/引間芳春

幼くて鬼やらひをる壁隣/鷹羽狩行

無患子の実の残れるを節分会/綾子

少年に夜の崖蒼し鬼やらひ/岡本眸

鬼やらひ金堂黒く浮き出でぬ/林徹

豆用意忘る追儺は今宵なり/及川貞

俳句例:21句目~

櫓組む寺や火攻の鬼やらひ/富田潮児

鬼払ひ雪となりたる節分会/松井利彦

女連れて星美しき追儺かな/小林康治

青空に堂扉を開けて節分会/皆川盤水

東京の宵空となり鬼やらひ/久米正雄

胸に受く力士の豆や節分会/島村久枝

追儺豆闇をたばしり失せにけり/篠原

追儺ふときにも見えし嶺の星/原石鼎

追儺豆雨戸二枚の鬼を打つ/松山足羽

月光を容れ何せぬ追儺の夜/佐藤鬼房

鬼やらふ声を母へも促しぬ/奈良文夫

金屏の隅に追儺のこぼれ豆/鈴木花蓑

雪蒼く敷きて磴垂れ追儺寺/村山春子

鬼やらふ声の伸びゆく古欅/関戸靖子

青竹で屋根押へたる追儺寺/細見綾子

幼児席ある大寺の鬼やらひ/中里泰子

大寺の前の小寺や鬼やらひ/中島杏子

面取つて鬼拾ひ出す追儺豆/荒井英子

余生なる鬼よ吾と酌め宵追儺/林昌華

くらがりに貝の舌だす節分会/林佑子

俳句例:41句目~

社家の子と生れ追儺の鬼の役/角菁果

裸電球鬼やらふ影巨きくす/山根真矢

興福寺高張ともす追儺かな/山本良明

黒潮の風立つ島の鬼やらひ/佐野美智

荒海の北国に泊つ追儺かな/斎藤梅子

行僧の荒び声なる追儺経/能村登四郎

女とてこの家の柱鬼やらひ/上野章子

裏門を闇が呑んだる追儺寺/大石悦子

鬼逐はれ狐栖みつく追儺寺/清水晴子

父母の幼に見ゆる鬼やらひ/大槻一郎

鬼やらひけふ横雲のばら色に/森澄雄

追儺うらの町にも聞えけり/黒柳召波

糶りし闇に追儺の豆を撒く/鈴木夢亭

追儺の灯あびて顫へる花簪/石原舟月

足よりも筆の衰へ鬼やらひ/清水基吉

身籠りし妻のこゑなり鬼やらひ/小島健

道ばたの雪の伏屋の鬼やらひ/高浜虚子

飛び石のごとき島々鬼やらひ/八染藍子

高嶺星風に吹き飛ぶ鬼やらひ/末永龍胆

鬼やらひわれに主婦役男役/古賀まり子

俳句例:61句目~

鬼やらひ園児自作の面つけて/山口恵子

三十や追儺の雪の勢ひつつ/鈴木しげを

鬼やらひ夜の白雲のひと刷きに/中拓夫

光るまで渡殿みがく追儺まへ/村上光子

八方へ射る芦の矢や追儺式/五十嵐播水

出番待つ追儺の鬼が髪を梳く/北川素月

鬼やらひ山中だけの雪とべり/村越化石

鬼やらひ月のまはりの空あをき/中拓夫

鬼やらひ杉も賢く並みゐしよ/加藤有水

鬼やらひ泣き虫鬼の居座れり/梶井和呼

女優来て撒く追儺豆遠く飛ぶ/大野美幸

鬼やらひ髷も凛々しく武蔵丸/高澤良一

山雪の闇ふかみたる追儺かな/飯田蛇笏

年男追儺神楽にはやも酔ふ/下村ひろし

後ろ手に追儺の闇を閉しけり/大石悦子

急がざる水も流れて追儺寺/神尾久美子

竹林にたまゆらの日箭節分会/小原希世

節分会鉄船水に揺れてをり/長谷川浄泉

書架に棲む鬼何々ぞ追儺豆/肥田埜勝美

米洗ふみづひかりをり節分会/原けんじ

俳句例:81句目~

杉間より粉雪とび出す追儺寺/田中青濤

蓑虫の目だけを出して節分会/前田保子

なやらひの声いづこより芹の水/上村占

滝音のやや力得し追儺の灯/福田甲子雄

凛々と山を下り来て鬼やらふ/小林康治

病床やよべの追儺の豆さびし/中尾白雨

病院に追儺なし蕎麦さげ見舞ふ/及川貞

真闇にも濃淡ありし追儺の灯/根岸善雄

破魔矢あり追儺豆買ひ忘れても/及川貞

大雪のなほ降る闇へ鬼やらふ/相馬遷子

毘沙門天槍かざして鬼やらふ/花納花子

闇の端に爪先立ちて鬼やらふ/吉田銀葉

警官も豆待つ背伸び追儺寺/平井さち子

鬼やらふ三声がほども口の中/石塚友二

鬼やらふ母の臥所はねむごろに/築城京

鬼やらふ画室書斎と闇のまま/皆吉爽雨

鬼やらふ青星こごえ黄星よび/矢島渚男

追儺会のこの雑踏に鬼もゐる/塩川雄三

追儺寺をりをり船の笛きこゆ/木村/蠻

追儺果て月隈なきを畏れけり/山岸治子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ