季語/赤い羽根(あかいはね)を使った俳句

「赤い羽根」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「赤い羽根」について

【表記】赤い羽根

【読み方】あかいはね

【ローマ字読み】akaihane

子季語・関連季語・傍題・類語など

・愛の羽根(あいのはね:ainohane)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

赤い羽根を含む俳句例

大きもの喪ひて胸に愛の羽根/林翔

十円の赤い羽根つけ泥酔し/右城暮石

雑踏を出て来し胸に赤い羽根/長田等

愛の羽根嵐を戻る子の胸に/中山良章

殉教碑訪ふ一団の愛の羽根/中尾無涯

赤い羽根つけ再びの雑踏に/小島左京

駅頭の雨滝なせり愛の羽根/水原秋櫻子

若ければ胸高く挿す愛の羽根/池田秀水

船員に街の時過ぐ愛の羽根/米沢吾亦紅

看護婦の言葉短き愛の羽根/岡部名保子

一列のお辞儀が誘ふ赤い羽根/吉井秀風

七曜のはじめ身軽し赤い羽根/河野南畦

舟着の波にただよふ愛の羽根/水谷晴光

托鉢の僧の求むる赤い羽根/河野シゲ子

真っ先に赤い羽根つけ街の蝨/右城暮石

愛の羽根妻は厨の壁に挿す/米澤吾亦紅

愛の羽根はじまる服も帽も紺/和田暖泡

愛の羽根はさみて戻る出席簿/中田樵杖

校章に重ねて愛の羽根を挿す/加古宗也

戻り来て郵便受に愛の羽根/吉田みち子

俳句例:21句目~

人の傘あづかる愛の羽根胸に/富安風生

赤い羽根つけて炭団を造る父/菖蒲あや

赤い羽根つけて身なりは物売女/森田峠

愛の羽根胸にし幾日相逢はぬ/波部白洋

愛の羽根胸にしほれて夜の講師/樋笠文

赤い羽根つけ勤め人風情かな/清水基吉

赤い羽根赤信号と向き合ふて/高澤良一

愛の羽根巷は雨となりにけり/風間啓二

善男が少女に呼ばる赤い羽根/松田ひろむ

我が胸に赤い羽根さす指笑窪/鈴木三四郎

裏おもて見定め赤い羽根を挿す/高井北杜

誰も赤い羽根つけて芥が匂ふ/加倉井秋を

赤い羽根さす胸をつく痛み欲し/鎌倉佐弓

赤い羽根つけて上野の森に入る/高澤良一

赤い羽根つけて八十二となりぬ/遠藤梧逸

赤い羽根つけ青年のウールの香/楠本憲吉

赤い羽根らしき人垣出来てをり/稲畑汀子

心臓のところにとめて赤い羽根/鈴木伸一

乳房なき胸にともすや愛の羽根/三谷和子

子育ての了りし胸に愛の羽根/塩谷はつ枝

俳句例:41句目~

愛の羽根朝の銀座の動きそめ/秋元草日居

杖をひく老婆の胸の愛の羽根/佐藤のぶ女

看護婦の胸よりもらふ愛の羽根/朝倉和江

愛の羽根つけて納むる遍路笠/綿谷ただ志

補助椅子や隣も胸に愛の羽根/水原秋桜子

駅頭に声ひびき合ひ愛の羽根/長尾寿美子

黒潮を越え来し漁夫に愛の羽根/南光翠峰

赤い羽根小さき両手が来てつける/伊東慶子

赤い羽根失くす不思議を言ひ合へる/岡本眸

赤い羽根四五歩あゆみて付け直す/肥塚艶子

赤い羽根みなつけ暗き灯にもどる/伊東宏晃

わが声に似る人よりの愛の羽根/宍戸富美子

赤い羽根つけゐて胸を病みにけり/中西利一

赤い羽根つけてシネマの列に入る/肥后潤子

母へ子を返すや愛の羽根つけて/岩城のり子

気弱さの頼まれ立つも愛の羽根/白岩てい子

人混みに巻き込まれゆく愛の羽根/高澤良一

みんな帰る家あり赤い羽根つけて/菖蒲あや

つけてすぐ風を捉へし赤い羽根/山崎冨美子

醫師若し白衣に炎やす愛の羽根/下村ひろし

俳句例:61句目~

雲を突く角力はだしや愛の羽根/百合山羽公

愛の羽根呼ばれて思ひ断たれけり/塩谷はつ枝

赤い羽根ダークスーツを華やがす/波多野惇子

赤い羽根つけらるゝ待つ息とめて/阿波野青畝

赤い羽根袈裟につけたるお僧かな/獅子谷如是

赤い羽根つけてどこへも行かぬ母/加倉井秋を

赤い羽根つけくるる待つ息とめて/阿波野青畝

売子老人くたびれたらむ愛の羽根/百合山羽公

赤い羽根胸に親ばか子ばかかな/久保田万太郎

ゴツホの黄あたたむる胸愛の羽根/新井/真衣

うらぶれし日も赤い羽根かく附けし/三星山彦

髪よりも吹かれやすくて愛の羽根/片山由美子

わが傘に来て挿しくれし愛の羽根/黒坂紫陽子

愛の羽根ハイミスとはいつまでのことか/鈴木栄子

すぐ失くす「赤い羽根」とはおもへども/吉田北舟子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ